両親裁判の結果

父が母を訴えると言い出したというのは、前に書いたと思います。

その結果、裁判というか調停をすることになったのですが、その結果の報告をします。

 

結論だけ言えば、毎月のお金は払って貰えることになりました。ただし、妹が学校を卒業するまでというのと、過去に払って貰える約束だった分は払えないという条件付きで。

あの鬼のような父にしては、だいぶ譲歩してくれたんだなと思いました。母は不服そうでしたが、私としてはこれ以上泥沼になるぐらいなら、これぐらいで手を打った方がいいかなと思いました。

父が今までの分を払ってくれないので、私が親や妹の借金の分を返済しなければいけないのですが、まあ一人で返済するというわけではないのでぼちぼちやっていきます。

破産したら破産したで、どうせもう人生どん底なんだから変わらないだろうと思って生きることにします。

広告を非表示にする

仕事に生きがいなんて求めない方が良い

好きなことを仕事にするのが夢だった。
自分にとって苦にならないことを仕事にできるのはどんなに良いだろうと思った。それで人を喜ばせることができるのなら尚更に。

けれど、この本によると、どうやらそれは間違っているらしい。

 

 

続きを読む
広告を非表示にする

男親って、子供への愛情を持っていないのが普通なのだろうか

プロフィールにも書いてあるけれども、私の両親は現在裁判中です。

一から全部書くと長くなるので省略しますが、簡単にまとめるとこんな感じ。

 

  • 私が中学三年の頃に両親が離婚母は離婚したくなかったが、父は『お金を渡すから』とか言ったり母を怒鳴りつけたりなんなりしてゴリ押す)
  • 最初は『毎月十五万円、一番上の子が働き出したら十万円を渡す。プラスボーナスが出たら三十万円渡す』との約束だった。
  • しかし、父曰く「弟が借金を残して蒸発したため、お金がないからボーナスは渡せない」とのことで、この十年間ボーナス分の支払いはなし、毎月の支払いの方も払ってもらえないことがあった
  • 今から三年ほど前、2013年か2014年頃に父が再婚
  • それから、毎月のお金を支払って貰えないことが増え、母の兄に仲介してもらって支払ってくれるよう交渉することが多くなる。
  • 一昨年の十二月に、母が兄を通して「再婚するほどの余裕があるのなら、今まで払ってくれなかったボーナス分も含めて払って欲しい」と言ったところ、父が突然弁護士を雇い、母を訴えると言い出す。

今現在は、こちら側が父に対して「来年末の子(私の妹)が看護学校を卒業するまでの間だけでも、毎月の分の支払いをしてくれないか」と交渉中ですが、父はそれすらも渋っている様子。逆に「養育費を払いすぎた」として母を訴えようとしてる模様。

続きを読む
広告を非表示にする