読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小説の書き方

小説の冒頭で読者を物語の中に引きずり込む方法

冒頭には『とびっきり美味しい』『第一印象』を 小説の冒頭にはとびっきり美味しそうなものを置くのが、執筆するときの定石だ。 自分の小説を読む読者は何を求めてきたのかを考え、または自分の小説はどんな物語を求める読者に読んで貰いたいのかを考えて、…