クズでも生きたい。生きていたい。

人に優しくできない自分が嫌いだ。

目が不自由で、背がとても小さい人を見かけた。ちょうど、私が電車に乗る時にその人が電車を降りようとしていたのだ。

 

私はその人を見たときに、どうしたらいいのかわからなかった。ただ「ここでいつも通りにしていないのは、差別ではないか」なんてわけのわからないことを思って、普通にその人とすれ違い、電車に乗り込んだ。

どうしようもない罪悪感が残った。自分がとても嫌な人間だと自覚した。

最近、どうにもこういうことが良く起こる。まるで、神様に人間性を試されているようだとも思う。そして、私は毎回その試験に失敗している。人に手を差し伸べずにいる。声すらかけずにいる。

別に、その人は助けを求めていたわけではない。自分の足でちゃんと立って、ちゃんと電車を降りて、ちゃんと歩いていた。けれど、どうにも罪悪感が消えない。私の後ろにいた人はその人に「何か手伝えることはありますか」と尋ねていたのに、私は通り過ぎてしまった。

 

私はどうしようもないクズだ。こんなクズが生きていていいのかと度々思う。

学生時代も何度も死にたくなって、自殺未遂を起こしたこともあったけれど、今はそんな気概すらない。自分をクズだと自覚しながら、ただただ生きているだけ。

それでも、生きていたいと思ってしまう。自分が人に何かを与えることができないクズだとわかっていても、生きていたいと思ってしまう。

最低な人間なのに、命があるからには生きていたいと思ってしまう。そして、もっと自分を嫌いになった。