読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福な日々に牛乳を

知っているよりも好きであること。好きであるよりも楽しめること。

男親って、子供への愛情を持っていないのが普通なのだろうか

裁判の経過 日記

プロフィールにも書いてあるけれども、私の両親は現在裁判中です。

一から全部書くと長くなるので省略しますが、簡単にまとめるとこんな感じ。

 

  • 私が中学三年の頃に両親が離婚母は離婚したくなかったが、父は『お金を渡すから』とか言ったり母を怒鳴りつけたりなんなりしてゴリ押す)
  • 最初は『毎月十五万円、一番上の子が働き出したら十万円を渡す。プラスボーナスが出たら三十万円渡す』との約束だった。
  • しかし、父曰く「弟が借金を残して蒸発したため、お金がないからボーナスは渡せない」とのことで、この十年間ボーナス分の支払いはなし、毎月の支払いの方も払ってもらえないことがあった
  • 今から三年ほど前、2013年か2014年頃に父が再婚
  • それから、毎月のお金を支払って貰えないことが増え、母の兄に仲介してもらって支払ってくれるよう交渉することが多くなる。
  • 一昨年の十二月に、母が兄を通して「再婚するほどの余裕があるのなら、今まで払ってくれなかったボーナス分も含めて払って欲しい」と言ったところ、父が突然弁護士を雇い、母を訴えると言い出す。

今現在は、こちら側が父に対して「来年末の子(私の妹)が看護学校を卒業するまでの間だけでも、毎月の分の支払いをしてくれないか」と交渉中ですが、父はそれすらも渋っている様子。逆に「養育費を払いすぎた」として母を訴えようとしてる模様。

 

父側から母の弁護士さんに送られてくるメールを読んでいると、「ああ、この人何がなんでも子供に金を払いたくないんだな」っていうのが伝わってきます。

弁護士さんが言うには「もう十年以上も一緒に住んでいないのだから、それでもお金を払う親の方が珍しい」とのことらしいです。

そういうの聞くと、男親って子供への愛情や責任感を持っていないのが普通なのかなって思います。

産ませちゃった以上、最後まで責任を取るつもりはないのかなって。離婚して親権がなくなったら、自分にはもう責任がないって思うのかなって。

 

父曰く、「母が無駄遣いをしているから、お金を渡したくない」とのことですが、それだったら妹だけでも引き取って面倒をみてあげればいいのに、それすらしようとしません。申し出ることすらありません。

離婚した際の理由についての話を聞いていても、そこまでして子供の面倒を見るのが嫌かっていうのが伝わってきてうんざりします。

母は『子供のためにも離婚はしたくなかったけれど、父がどうしてもと言うから、仕方なく』とのことでしたが、父は『母が浮気をしていたから離婚した』とめちゃくちゃなことを言い出してきました。

実際は逆の可能性の方が高かったりします。

 

私もよく覚えているのですが、離婚する前の父は家に帰ってくることがありませんでした。それこそ、家にいることがとても珍しいぐらいに。

当時、私は月刊漫画を読むのが好きで、毎月買っている内に自分の部屋に置くところがなくなり、ある時期から仕方なく父の部屋の前の小さなスペースに置くようになりました。
いや、だってそのぐらい父が帰ってこなかったんですよ。
しばらくして、その漫画の積み重ねが当時の私(150センチぐらい?)と同じぐらいの背丈の塔を作るぐらいになった頃、父が帰ってきて唖然とした顔で一言。

「なんでこんなとこに漫画が置いてあるの」

つまり、父はそれぐらい、少なくとも半年ぐらいは帰ってきてなかったわけです。

 

しかし、裁判では父は逆に「自分はちゃんと家に帰ってきていた。むしろ、母の方が子供を自分の実家に預けて帰ってこなかった。自分は実家まで様子を見に行ったが、朝になっても帰ってこなかった」なんてむちゃくちゃなことを言ったわけです。

その頃、確かに母は仕事で遅くまで帰ってこないことがありました。けれど、私が今こうして生きているということは、母はちゃんと父名義の家に帰ってきて、私に夕飯を与えていたはずです。だって、私はその頃、夜遅くまで家の前で母を待つのが日課になっていたから。

もうはっきりと覚えてます。官舎(うちの父は警察官なので、当時母と私たち兄弟は官舎に暮らしていました)の階段の踊り場に座って、柵越しに駐車場をじっと見つめていたことを。母は必ず帰ってきましたが、父が来ることはありませんでした。

一回だけ、父の車が駐車場に来たのを見たことがありましたが、何故か家には入らないですぐにいなくなってしまったことがありましたが。まあ、父は当時他にマンションを借りて暮らしていたそうですから、家じゃなくて官舎の隣の警察署に用があったのかもしれません。ちなみに、母はその頃に官舎の方に届いたマンションの家賃の領収書を未だに保管しているそうです。なんで官舎の方に届いたのかよくわからないですが。

 

普通、家族がいるのに、しかも家族がいる家の方が職場に近いのに、他にマンションを借りるのっておかしいと思います。理由があるとしたら「家族と一緒にいたくない」か「不倫相手と暮らしている」のどちらかでしょう。どっちにしろ、父は子供の面倒を見たくなかったわけです。自分が産ませたくせにね。

それなのに父が「子供がかわいそう」だなんて正義面して、自分がお金を払わない理由としているのを見ると苛立ちのあまり吐き気がします。

 

姉の旦那さんも再婚で、前妻の方との間に三人のお子さんがいるらしいのですが、毎月ちゃんとお金を払い、月に一回お子さんに会う日を作って会いに行っているらしいです。そういうのを聞くと「うちの父親が特殊すぎるのかな」とも思いますが。

でも、弁護士さんの「普通は養育費をそう何年も支払わない」という話を聞くと、やっぱり男親というか、親権を持たない親は前のパートナーとの間にできた子供の面倒なんて見たくないのかなと思います。親子の情なんてその程度のものなのかなと。

 

そういうわけで、まだまだ裁判は終わりそうにないです。