ブログって気持ち悪い

ブログを書くようになって、もう十年は経つ。気持ち悪いと思う。

それはブログをやっていることに対してではなくて、ブログの記事を残す感覚が気持ち悪いのだ。本当に、どうしようもなく、気持ち悪い。

何が気持ち悪いかっていうと、人格が固定されていく感じ。

ネットって、人格が見えない、つまり匿名性が高いことが美点なのに、ブログに記事を残していくと、だんだんと人格がブログを通してさらけ出されてく。一つ一つの記事なら、大したことはない。けれど、それが一つのブログにまとまって掲載されているとなると、その記事たちは明瞭にそのブログの持ち主の人格を語る。

それが気持ち悪い。どうしようもなく気持ち悪い。

人に自分をさらけ出すというのは、あまりよい感覚ではない。拒絶されたり、笑われたりすることがあるから。だから、ブログなんて書かない方が良いのだけれども、それでも書いてしまう。何故か。

それは自分の全てをさらけ出すのは恐いけれど、一部分だけは誰かに知っておいてほしいからだ。怒ったこと、嬉しかったこと、悲しんだこと。ふと日常に湧いてきた感情を誰かに知って欲しかったからだ。どこかの誰かが、一時だけでも感情を揺さぶられたということを。

それでも、ブログを残すことはやはり気持ち悪いと思う。

広告を非表示にする