過去にすがる

今まで、過去の自分にすがることなんてなかった。だけど、最近そうなりつつある。

二年ほど前、某SNSで小説を書いていた。書き始めた頃は『誰かに読んで貰いたい』という気持ちよりも『この面白い物語を形にしたい』という気持ちの方が強かった。
だからなのか、更新し続けて一年ほど経った頃、一日のアクセス数が五千を超えて、とても驚いたのをよく覚えている。

最近になって、その頃に取ったスクリーンショットを確かめてみたところ、五千どころか一万を超えていた時があった。今なら考えられないことである。そう、今と比べたらとても考えられないことだ。


私は今もSNSで小説を書いている。なのだけれど、昔と違って、一日のアクセス数は五百を超えればいいほうだ。
毎日更新しては、そのアクセスの少なさにもやもやとした気持ちを抱えている。ストレス、とまではいかないけれども、なんとも複雑な気持ちになるのだ。

ブログのアクセス数に比べれば、ずっと多い方なのだけれども、それでも私という人間は『もっと多く』を求めてしまうのか、もやもやしてしまう。結局のところ、人の心の琴線に触れるような小説を書けない自分が悪いのだけれども。


過去の自分にすがりつつある、と感じている。あの頃はあんなにアクセスがあったのに、とか、あんなにコメントを貰えてたのに、とか。
そんな風に過去を思い出したって、今の自分が成長できるわけではないのに、どうしても思い出して、よく過去の成果を誇示してしまう。今まさにこの記事を書いているように。
上位ランカーからしたら大したことない成果だ。それなのに、すがりついてしまう。人生であんなに褒められたことはなかったし、認められたこともなかったから。

そうして、今日も過去の自分を認めてほしいと吠え猛りつつ、今の自分のみっともなさから目を逸らしている。南無。