才能のありか

はっきり言って、私には才能が無い。
小説を書いても人の胸を打つような物語は書けないようだ。書けたとしても、本を本当に愛している人を唸らせるようなものは書けないだろう。

それなのに、私はどうして小説を書くのだろう、と思う。こんなことは無駄なのに、何の役にも立たないのに。それでも物語を作りたくてたまらない。

才能がほしい。自分を納得させられるほどの、これは面白いとうなずけるほどの作品を書く才能が欲しい。
今の私では、自分の作品を発表しても気を遣われて書かれた感想を読んで「もっと面白いものを書いてやる」と奮起しても、その熱意を生かすことすらできない。

才能が欲しい。

広告を非表示にする