善くなりたい

善くなりたいと思う。

もっともっとまじめになりたい。もっともっと自分を大切にしたい。

まじめっていうのは、自分に必要なことをやることで、自分を大切にするっていうのは、やはり自分に必要なことをするということだ。

愚直に、堅実に。


そうできたら、もっと前に進める。ちゃんと自分を愛せる。

そんな気がする。


最近、こんこんと眠ってしまうことが多い。

ふいに布団に引き込まれて、そのまま瞼を閉じ、こんこんと眠ってしまう。
気付けば十二時間、十六時間と眠っていることもある。こんこん。こんこん。恐ろしい限りだ。

これでは自分を大切にしていない。まったくもって。
自分を大切にするというのは、自分に必要なことをするということだ。自分を怠惰に甘やかすことではない。

今日はなんとか起きている。眠らずに済んでいる。眠ってしまうのが恐ろしい。


自分を大切にしたい。もっと成長したい。ちゃんとした人間になりたい。パリッとして、シャキッとした人間に。

そうなるにはどうすればよいのか。

とりあえず、四時間も昼寝をするような人間は『ちゃんとして』るとは言えないなと思った。
あと、部屋が汚い人間。いらないものの中で生活している人間は、『ちゃんとして』いない。

小説を書きたい、と言いながらまるで書いてないのもそう。ちゃんとしてないね。ちゃんとやらなきゃね。書いてるときは楽しいのだ。でも、一度離れると眠くなってしまう。そんなのは言い訳だ、と自分の尻を蹴る。

ちゃんとしたいな。ちゃんとしたい。